スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドビザ@カトマンズ 代行に頼んでトラブルになったって話

2014/04/03 Thu

インドビザをネパールでとるっていうのはよくある話です。


バックパッカーは時間が沢山あるから自分で申請するっていうのがルーチンのようなもんですが


カトマンズについてたった1日でエベレストに向けての用意もしなければならないミゾヨコは


トレッキングのツアー会社に言われるがままホイホイと申請代行代US45$を支払い


申請書を書くことに。






代「貴方はこのパスポートでインドに行くのが初めてだから6か月取れるろ思う」


私「あーよかった!マルチがいいんですけど」


代「やってみます。もし何か問題があって3か月しかくれなくてもいい?」


私「えー!でも、くれないんじゃ従わないとですよね・・・」




そしてパスポートを預けて12日後、代行会社の事務所へ


代 にこやかな顔で「ハーイ、ハーワーユー?」


代「実は、あなたのビザ3か月しか下りなかったの。何度も大阪の大使館にメールを送ったんだけど・・・」



は?




(゜.゜)



え、半年って言いってたじゃん?



「ん~そうなんだけど、何回メールしても返事がなくて3か月になったのよ」



まったく意味不明。



あまりシステムについては知らなかったけど、彼女の言い分としては



「ビザが3か月になってしまったのは大阪の大使館の連絡がなかったらであって私のせいではない」



ということ



何か引っかかるけど、そんなこともあるのかと思い一旦事務所を後にした。









そして、どうしても納得がいかなかったミゾヨコは何が原因で3か月しかくれなかったのか



インド大使館に聞きに行くことに。











私「私は6カ月で申請してるんですけど、なんで3か月になったか教えてください」


ビザ番号を伝え、しばしカチャカチャ検索


印「大阪からの返事待ち中に何度もビザくれって行ってきたのよ。

  3か月ならすぐ出せるっていったら「いいよ」って、だから3か月。はい次!」



「ちょまっちょま!ええ!!



手続きがコンプリートじゃないのに



何回も聞いてきたですって?!」




ていうか、完全に代行の手抜きやんか!


それを今言っても仕方がないので「何とかなる方法ありませんか?もう予定が変えられないんです!!」



印「そっちのカウンターの人に言って」



ありがとうございます!



私「これこれこういう理由でどうしても6か月が必要なんです!



印「ん~でもインポッシブル。どうしても6か月が欲しいんならもう一度申請し直したらいいよ」



私「えーーじゃあお金は?」



印「また同じ金額」





・・・・・・絶対イヤ!!!  

45ドルも払ったのにさらにまた払うなんて馬鹿らしすぎる!



ってことで、とりあえず代理店に掛け合ってみることにしました。






あのおばさん、口達者そうだったし私の英語じゃ絶対負ける。



ここは超秀才サニーちゃん来てもらった方がいい。



そう思ったミゾヨコは同室のサニーちゃんに理由を話しお願いすることに。










とりあえず、作戦会議


相手にどういう言葉で始めたらいいか


大使館であっことの内容の説明


自分たちがどうしたいのか


等々を英語でどのように伝えるか





結局、再申請するんなら全額返してほしいっていうのがあります。


まあ、でも向こうもインド大使館に申請料払ったし


いくら向こうのミスとはいえさすがにそこまで途上国の人に求めるのはひどすぎる


そう思ってました。




そして二人で事務所へ


代「ハローハワユー」


なんだか顔がひきつってる。


私「ビザの件だけど、どういう風に申請したか教えてください」


代「私は何度も大使館に出向いて大阪の方にもメールを送ったのに連絡がなかったのよ。その間に何度も申請し直したりしたけど」


サ「ということは、出来上がるのを待たなかったんですね?」


キッとなり「私は悪くないわよ!私は私の仕事をした!」


私「私エベレストに行く予定だったから急ぐ必要がないこと知ってましたよね?」


代「でもあなた、3か月でもいいって言ったじゃない」



・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・・て言うか、意味違うだろうが!!!!!


言ってない!!


言ってない!!!!!


そんな意味で言ってない!!!


「私は自分に問題があったり、情勢の影響で3か月になったんなら納得する!


でもインド大使館は申請に来た人が急がせたって言ってたけど。


そもそも、エベレストに行く予定だったから時間に余裕があったと思うんですけどなんで急いだんですか?」



代「待っても待っても連絡がないからよ!何回も申請したりメールしたりしてるのに」



あーもう!話の論点が合わない(*_*)

しかも、待った待ったって言ってるけど、12日しか経ってませんけど!



そしたらサニーちゃんから助け舟

サ「わかった。じゃあ申請し直したり、大阪の大使館に送ったメールを見せてください。もちろん残ってるよね?」



???


なんでそれを聞く?


私はこの時、メールを送ったとか申請し直したとかどうでもいいって思って気にしてなかったんですけど


これがさらに相手を追い込むことに。







あわあわ、慌てふためくおばちゃん

「あるわよ、あらどこかしら」

カチャカチャ、目の前のパソコンをいじる

「もう消しちゃった」汗



そしてさらに興奮して

「私はメールを送ったの!」



この時点で、おばちゃんの仕事が不明瞭に・・・・・。



サ「じゃあ、急がしたら3ヶ月しかもらえないこと知らずに仕事してたんですか?」



代「知ってるわよ!そんなこと!!」








はい、いっちょ上がり!!



この時私は聞き逃してましたが、上記の言葉をしっかりサニーちゃんがキャッチ



サ「知ってたんならなんで待たなかったんですか?」





興奮したおばちゃんはさらに大声となり

「大体これはこの人と私の問題!貴方はここを出て行って!!」


私「私が英語が難しいからついて来てもらってるんです。彼女がダメなら日本語できる人連れて来てください!!!


私「何かの問題があって3ヶ月しかもらえないなら仕方がないけど、知ってて急かしたんならそっちのせいですよね?

 現にインド大使館の人も再申請したら六ヶ月くれるっていってましたよ」



代「じゃあ、全額返すからもうここからでて行って!!!」



・・・・・いやいや、そんなこと言ってないじゃん…。ちょっと冷静になるミゾヨコ

おばちゃんも負けが見えて来たのか、言葉を探すが全く出てこず、「私は悪くない」を繰り返すばかり







なんかかわいそう( ̄O ̄;)






「申請代金はすでに払ったんだから全額までは…」いい終わるより先にシャウト




「全額払うわよ!」




か、かわいくない…



もうお好きにどうぞ…




そして、その日の夕方お金を取りに行くことに。




再度事務所に出向くと

「今日はお金がないから明後日きて」




はあ〜?そっちが行ってきたのにないってどういうこと?!





そしてまた事務所に行ったとき、無事に返金してもらえたんですけど




しれーっと半額(´゚д゚`)




あんだけいっといてそれかい!




思ったんですけど、おばちゃんの負けっぷりがあまりにもかわいそうだったから黙って受け取りました。




















そして再申請しにインド大使館へ



どうやら日本人のビザは東日本と西日本に管轄が分かれているみたいで



大阪側の場合は連絡が遅いのが当たり前の様。



実際にミゾヨコが二度目の申請したときも予定日になっても連絡が来ておらず



PCで1月8日に申請してから出来上がったものを取りに行ったのが21日で2週間かかったことに。



なので大阪側の人は申請は余裕をもって行った方がいいです。



そのせいで私はネパールビザの期限を延長しなければならず、さらに出費がかかりました。





はぁ〜、なんだかお金も時間も無駄にしたインドビザ申請でした( ;∀;)




ミゾヨコに励ましの1票を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランニングでミゾヨコのテンションを上げたい方はこちらをポチットお願いします^^
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ハイキング後半編 女子一人旅特有のトラブル発生!! 久々にぶち切れした話し

2014/04/01 Tue

前回の続き、ハイキングの後篇です。


ナガルコットからドゥリケルまでは標高が高いところから低いところへの移動なので下りが多く比較的楽に歩けます。

DSCF8135.jpg

小さな集落を何度か越えます

DSCF8138.jpg

DSCF8146.jpg

DSCF8150.jpg

そして途中からオランダから来た4人家族とそのガイドとポーターに追い抜いたり追い越されてたり

DSCF8154.jpg

DSCF8161.jpg

もうすぐゴールというところでローカルの人たちとなんとなくおんなじスピードで歩く

DSCF8166.jpg




そしてそろそろ街中、長いこと歩いて疲れちゃったし今日はホットシャワーのある宿を探そう〜♪


って思っていたところに宿屋を名乗る男が出現

DSCF8171.jpg

300ルピー、ホットシャワー、バルコニーからの眺め良好!


そんな条件ならまあいっか。で、なんて宿?



〇〇GH


おー、ロンリープラネットにも乗ってるやつじゃん。OK!









そして地図を見ながら彼についていくこと数分


よくよく見ると、なんかこの人服汚すぎじゃね?


しかも、動きがちょっと挙動不審・・・・・




途中、屋台でフルーツ買ったけど、その時のおばちゃんがこの男の人を見る視線がちょっと不審者扱いだし



男「あっちの道だよ!」



私「え、ちょっと待って」ロンリープラネットの地図を見ると反対方向に進もうとする男



私「こっちじゃない!?」



男「いーからいーから!」段々必死になってくる男(´゚д゚`)


やばいなー、この人きっと違うところに連れていく気だわ。


さて、どうやって断ろうかと考えだした時・・・・






いきなりミゾヨコを3人の男が取り囲んだ








!!!!!!!!!!!!
















「君大丈夫?」



さっきまでよく見かけてたオランダ人家族のガイドとポーター達



私「宿さがししてるんだけど・・・・・」



ガイドはちらりとその男を見て



「もしよかったら俺たちも宿探してるから一緒に来ない?」



私、速攻「OK 一緒に行く!」



こんな怪しい男について行ったら何されるかわからんし、ガイド達と一緒にいる方が安全



すると、男が焦って「えーうちに来てよ!」



そして半ギレでガイドたちにわーわー言いだした。



でも、そこは3対1.男はなすすべなく引き下がり、私はガイドたちと宿を探すことに

DSCF8173.jpg


そしてたどり着いた宿が、っっ超きったねー(´゚д゚`)


それがどれだけ汚いかというと、共同のトイレは便座がどっかにいってて


公衆便所のにおい・・・・  おいおい、ここ本当に宿か?!


汚すぎて、写真を載せる気にもならないくらいですよ


さすがにここに泊まれん。貧乏パッカーだけど、やっぱりここまで基準落とせないよ






私「ごめんけど、ここは無理だわ私。私は他探すよ」



ガイド「OH プリーズ! またさっきのやつが来たら危ないし、もう日も暮れかけてるよ」



ポーター「ここに泊まりなよ〜。みんなでご飯食べよう」



・・・・・。確かに彼らのいうことにも一理あり。



下手に探しててさっきのやつに見つかるのも面倒だし、何より確かにもう薄暗くなってる。




めっちゃ汚いけど、ここは身の安全が第一ってことで仕方なくここに泊まることに。



そして、一緒にご飯食べに

DSCF8180.jpg

私が食べたのはワイワイっていうインスタントラーメンに野菜をたっぷり入れてもらったもの。

DSCF8182.jpg


あ、この写真じゃ野菜があんまり見えない(;'∀') でもこれがねー、見た目以上においしい。







そして、ここでガイドが急ピッチで酒を飲みはじめ、私にも勧めてくる。



今日は沢山歩いて疲れてるし、なんとなくこの人達を本当に信用する気にもなれない



適当に飲むふりしてやり過ごしていると、話がだんだんめんどくさい方向に・・・・・・。



彼氏はいるか? ネパール人の彼氏はどうか? 段々さらに図々しくなっていく。



ポーターの男の子2人はお酒も飲まず、ガイドがいうことを愛想笑いで聞いている



さらにガイドがウザくなってきて、「はい、あーんして」と何か食べさそうとする



「いや、無理。あんた私の彼氏じゃないし」この頃にはこっちもだいぶん態度に出るように






ガイド「こういう話しってる?


ヨーロピアンの暮らしして、中華料理食べて、日本人のワイフを持つことがネパールでは勝ち組なんだよ


何か聞いたことあるなあ。どうせ最後のところは韓国人とかタイ人とかに変わったりするんじゃないの?


私「あっそう・・・・・」


ポーターたちももう苦笑いしかできないようになってるし、


もう、こういう輩は相手にしないに限る。適当にあしらって先に宿に帰る。
















は〜やれやれ。トイレ兼シャワールームが汚すぎて体を洗う気にもなれず


多少お酒は飲んだけど、トイレもさほど近くならなくてよかった〜。


しばし、読書なんかしたりしてほっこり















・・・・・したのもつかの間







さあ寝ようと、歯磨きしてるとガイドが私の部屋に入ってきてて



「ポーターたちが先に寝ちゃってて部屋に入れないんだよ、ベッド3つもあるんだから使わせて」


NONONONONO!!!!!!



マジで無理!絶対無理!死んでも無理!



「オープリーズ!何にもしないから!絶対何にもしないから」




っっ絶対無理!NONONONONONONO!ばかじゃないの(゚Д゚)



追い出そうにも全く出ていく気配無く、勝手に空いてるベッドで眠りだす始末・・・・・・。



無理やり追い出そうにも、やっぱり男。体にさわるのも抵抗ある。


30分経っても状況かわらないし、私もだんだん疲れてきた・・・・。



部屋は広くてガイドのベッドと大分距離あるし、



念のため電気を付けて眠ることに・・・・・。













でも、そんなんで終わるわけない。


やっぱりそんなんで終わるわけない。






うつらうつら仕掛けたころ、いきなりガイドがむくっと起き上がり、まためんどくさいこと言い始めた。


無視・・・・・・


すると、私のベッドに腰掛けてくる


「ちょっと、ここに座らないでよ。そっちから動かないって言ってたじゃん」


ガイド「まあまあ、そういわずに。」そして私のベッドに横になろうとしたとき







ミゾヨコの怒りスイッチON(゚Д゚)



周りが静まり返る中



「あんたほんとに私があんたとすると思ってんの?言ってること違うじゃん!もう出ていけ!!!」



大声を張り上げ、廊下にでて外に助けを呼ぼうとしたら



「わわわ、わかった。わかったよ。もう寝るから静かにして!」



そして、こっちの怒りはまだ冷めやらぬ数分後



ゴーゴーゴー(-0-)zzz



今度はいびきかい!!!!



さらにイライラがつのるミゾヨコ。しかも、ブランケットもかけずに爆睡。



けっ!風邪でも引いてしまえ!!!!



って、思ったけど



でもでも、寒くてまた目を覚ましてやーやー言われるのも嫌だし



ここは、安眠できるよう環境整備した方が自分のためだな







母親がわが子を起こさないようにそーっとブランケットをかけるより注意深く



起こさないようにそっとブランケットをかける。



はあ、なんで私こんな人のために・・・・。(;一_一)














相変わらずいびきかいてるし、こっちはいつまた襲われそうになるか気が気じゃないし


疲れてるのに眠れない





しばらく読書を再開し、2時間ほどたったころ再びうつらうつらと・・・・・









するといびきが止まった途端、今度はキョンシーばりにいきなり立ち上がり部屋を出ていきトイレへ



おえーおえーおえー!






おいおい、今度は吐いてるよー。


きっと食べたぶん全部と胃液まで吐いたなってほどの苦しみが廊下に響き渡る。


介抱する気なんて皆無。知らん顔してたらまた私のベッドに。


そして「ご飯食べに行かない?」


は?今夜中ですけど。お腹すいてないし無理無理


すると仕方なく一人でどこかへ行った・・・・


ラッキー!今のうちに鍵閉めちゃえ♪


と思ったらすぐまた部屋に帰ってきて「一緒に行こう」


「え、さっき行こうとしてたじゃん。一人でいきなよ」


「だって、一人で行きたくないんだもん」





(゚Д゚;)



あきれて言葉が出ないミゾヨコをよそにまた私のベッドに腰掛けて近寄ってくる




「てんめー!何回言わせたら気が済むんよ!!!


○×〇×$%&’()(’&%$
⇒きったない日本語


もう私出ていく!


あんたと同じ部屋で寝るくらいなら


外で寝た方がよっぽど安全!(; ・`д・´)






そう響き渡る大声で言い放ち、早速パッキング


くそー!マジうぜええええええ!!!!!!


なんでこんな男のためにこんな思いせんといけんのんじゃーーーー!







ガイド「わわわわ、わかった。もう絶対そっちにはいかない、プロミス!」



私「何回プロミスしてんだよ!信じれるわけないじゃん!?!?」



ガイド「ごごごごごめんって。もう二度としない」













そしてまたいびきをかきながら爆睡。


寝れるわけない、私・・・・・。






はぁ〜女子一人旅って大変・・・・。


こうして疲労困憊のミゾヨコはその後もほとんど寝ることなく朝を迎え


カトマンズの宿に無事かえりました。






事なきを得たからいいものの、こういうので根負けしてやっちゃう女の子もいるんでしょうね。


これからはさらに気を引き締めて旅をしようと誓うのでした。


現在旅中の大和撫子のみなさんも、気を付けてよい旅を!!!!





ミゾヨコに励ましの1票を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランニングでミゾヨコのテンションを上げたい方はこちらをポチットお願いします^^
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村

プロフィール

mizoyoko

Author:mizoyoko
名前:ミゾヨコ
年齢:30代半ば
職業:元看護師
   スポーツスターに乗ってます。

2013年秋から世界一周します。
世界遺産をめぐりながら各地のマラソン大会に参加!
世界のベストランニングスポットの紹介します。

最新記事
最新コメント
〜世界一周〜
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。