スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナガルコットでヒマラヤ山脈の初日の出からのハイキング♪

2014/03/30 Sun

最近順調に更新中♪

今日は年末年始をナガルコットで過ごしたお話





これまでの旅ではガイドブックを持っていなかったのもあって、宿さがしも行きあたりばったり

ほとんど日本人と絡むことも無かったので、年末年始は日本人の奥さんとネパール人の旦那さんがやっている

「雲海」というゲストハウスに泊まることに。

日本人と会えるといいなぁ・・・。




いつものように土ぼこりの舞う道をバスで向かいます。

現地の人もマスク着用、相当大気汚染が進んでいる印象。私もマスクが手放せませんでした。

バクタプルからバスを乗り換え約3時間、ナガルコットに着きました

DSCF7817.jpg

宿の前、薪を運ぶ女性たち

DSCF7833.jpg

大晦日特別ディナー♪

宿泊者がほぼ日本人で久々に日本語でワイワイ♪


DSCF7859.jpg

シンガポール在住の人、学校の先生、大企業の会社員その他もろもろ。

年末をこんなレアなところで迎えようとはるばる来た人ばっかりだから旅好きばっかりで楽しかった〜。



日本時間とネパール時間でカウントダウンして、ワインやら地元のお酒ロクシーやら沢山飲んでひゃーやー言ってました。







そして早朝、6時半過ぎから空が明るくなりはじめ、ぞろぞろと人がバルコニーに集まります。

DSCF7876.jpg

友達から、ナガルコットはサンライズで有名だけど、霧も多くてめったに見れないって言われてたんだけど


この日は大当たり


山から上る初日の出と

DSCF7895.jpg

それに照らされてピンク色に染まるヒマラヤ山脈

DSCF7885.jpg

毛布にくるまりチャイを飲みながらのこのひと時、最高

DSCF7900.jpg






去年は仕事を辞め

長年連れ添った相方のもとを離れ

ちょっとやけくそで世界に飛び出してきたミゾヨコ

また人生がよくわからないルートに進みだした年だった。



今年はどんな年になるんだろう

旅から何を得るのかな

来年の今頃も、大きな事故や病気なく

どこかで楽しく年が越せますように・・・・。





確か、こんなこと考えながら初日の出を見ていました。














そして元旦

ゲストハウスからの景色と、居心地が良すぎてもう一泊することに決定



同じ宿の人たちとサクーへ行くことに。

年始だからかすんごい人・人・人

DSCF7965.jpg

私たちは何とか行きも帰りもバスの中に座ることができました。

DSCF7924.jpg

水草と時々ゴミの浮かぶ池・・・・

DSCF7919.jpg

山の上にある寺が有名だったんですが、時間の関係で少し町をぶらぶらしてすぐ帰りました。








そして翌日、カウントダウンを一緒に過ごした殆どのお客さんがチェックアウト

私はドゥリケルまでの1日かけてハイキングに出発




途中まで同じ道を一緒に歩いたカップルがおすすめのローカルショップでチャイ&朝ごはん

DSCF8017.jpg

ここのサモサの中身だけみたいな揚げ物めっちゃ美味。なんと1個5ルピー(*'▽')

DSCF8020.jpg

カトマンズの宿で待つサニーちゃんにも食べてほしくて少し多めにテイクアウト。

・・・したらなんとカップルが私の分をごちそうしてくれました。わ〜申し訳ない(´・ω・`)

でも素直にいただきます!ありがとうございます(*'▽')








そしてカップルともお別れし、約8時間のロングハイキングへ出発!

DSCF8044.jpg

DSCF8045.jpg

しばらくは森の中を通り抜けたり、長い階段をひたすら下ったり

その間から時々見えるヒマラヤ





ひとつ山を越えると菜の花畑が広がる段々畑がみえてきました

DSCF8079.jpg




そして、大根を収穫中の人に遭遇

DSCF8067.jpg

写真撮らしてください(*'▽')

・・・・全く言葉は通じませんがジェスチャーで交信し快く了解を得る


すると、生のダイコンをかじっていたおばちゃんが私にも大根をくれました

DSCF8069.jpg

だ、だいこんのまるかじり!?

でも、ここは郷に従うのがルールでしょ

ということで今日のランチはダイコンに決定(*'▽')


DSCF8082.jpg

そして買い食いしながら歩く小学生のように、大根をかじりながら先に進みます

DSCF8084.jpg

すると原っぱに無数のティッシュ・・・・・。

全く茂みはなく、用を足すような場所ではないんだけどな〜。

あんまりブツは見かけないけど、とりあえず踏まないように注意して進みます。




そしてまた上り坂、大根もだいぶ食べました

DSCF8090.jpg

山を登りきると・・・・

DSCF8108.jpg



真っ青な空に、菜の花と段々畑とヒマラヤ山脈

DSCF8113.jpg

DSCF8120.jpg

DSCF8124.jpg

DSCF8131.jpg

そして今度は下り

後半へ続く〜



ミゾヨコに励ましの1票を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランニングでミゾヨコのテンションを上げたい方はこちらをポチットお願いします^^
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カトマンズ盆地

2014/03/28 Fri

ラムラムサー


今日はカトマンズを観光した話です


この日は宿のあるタメル地区から徒歩20分くらいでダルバールスクエアーに行ってきました。


ルームメートについて歩いていくと、お土産屋が立ち並ぶタメル地区からだんだんと肉や野菜を売る通りへ


古い建物ばかり、メイン通りなのに下をきちんと見てないと躓いたり捻挫するので注意が必要。


そしていくつかの交差する通りをすり抜けるとダルバールスクエアーに到着

DSCF7580.jpg

ここは地元の人の憩いの場でもあるようで沢山の人が座っておしゃべりしたりしています。

DSCF7619.jpg

DSCF7627.jpg




そうそう、これがネパールのスタンダードな荷物の運び方

DSCF7588.jpg

私もいつかトライしたらupしますね



この神様はカーリーと言って、シヴァ神様の奥さんのひとり

元々はひとりだった奥さんが分裂して現われたのが彼女で、なんと殺戮の神(゚Д゚;)

人を滅多殺しにして生首をネックレスにして生き血をすすって大地を蹴りまくってダンスする恐ろしい神

DSCF7584.jpg

無差別ではなく、悪い人を殺すらしんだけどとにかくパワフルな神様



友達からこの説明を受けた時は「へー」位な感想でしたが

のちに、インドのオームカレシュワールのお坊さんに

インディアンネームとしてこのカーリー名前を付けられました・・・・・・

(;一_一)チーン・・・・

いくら悪い人たって、殺戮の神はないでしょ!w







そしてネパール・インドの子どもはこんな風にみんなアイラインをしてます。

DSCF7607.jpg

なんでも、子どものころにこうやって塗っておくとまつ毛がたくさん生えるそう







DSCF7613.jpg

そして、沢山の金物やお土産が並ぶ中で気になったのがこれ

DSCF7612.jpg

神さまのおでこに鍵刺さってるよ〜!汗


ん〜、なんか理解に苦しみます









そしてこちらが生きた女神さまのいるクマリの館


DSCF7656.jpg

残念ながら実物は写真取れないのでありません。


満月生まれで様々な条件をクリアした女の子が3歳から初潮を迎えるまでここに住むらしいです。


クマリに選ばれた家は、外国人からの入場料の一部やお賽銭が収入として得られるらしく家族は大喜び


しかし、本人はここでほとんど外に出ることなく暮さなければならず


初潮を迎えクマリでなくなったとしても、神さまだった女性と結婚したがる人も少なく


後は寂しい人生を送ることも多いとか・・・・・。


親がきちんとしていえば、クマリであるうちからきちんと教育を受けさせることもあるそうですが


そうでない場合は、物心ついた時から女神として扱われ勉強もできないままそのまま13歳ごろに


館を出ることに・・・・・。


彼女たちのその後の苦労を思うととても複雑です・・・・。











そして、次の日はバクタプルへ


マーケットを抜け

DSCF7660.jpg



陸橋を何度かわたりバス乗り場まで


DSCF7787.jpg

バスの中

DSCF7790.jpg

運転席の横まで人が一杯

DSCF7799.jpght="367" />

1時間ほどすると到着

DSCF7798.jpg



この町は焼き物とヨーグルトが有名な街と言った印象

DSCF7731.jpg

DSCF7704.jpg




ダルバール広場でかわいい女の子が「写真撮って〜」ってことでパシャ

DSCF7761.jpg

そのあと「ルピーかペン」(゚Д゚;)


そのぐらいでお金がもらえると思ったら大間違いだよ!ということでもちろんスルーです。

DSCF7764.jpg



ダルバール広場


17世紀から18世紀にかけて作造られた建物だそうです。

DSCF7766.jpg

DSCF7771.jpg


通りがかりの刺繍のお店

DSCF7720.jpg

針先が変わった形をしていて簡単に刺繍ができます。


DSCF7635.jpg

DSCF7643.jpg




ミゾヨコに励ましの1票を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランニングでミゾヨコのテンションを上げたい方はこちらをポチットお願いします^^
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村

今思えばネパールってやっぱりご飯のクオリティーが最高

2014/03/26 Wed

ラムラムサー

インドでなかなかおいしいレストランに巡り会えず、強制ダイエット中のミゾヨコです。

体重ははかってないけど、顔がシュッとした気がしてうれしい今日この頃です(*'▽')




年末のある土曜日、ルームメートと一緒にファーマーズマーケットに行ってきました。



タメル地区から徒歩圏内にあるレストランの庭で毎週行われているそうで、



地元の人というよりは外国人が中心でひらいているマーケット

DSCF7532.jpg

値段はそれなりですが、ワイン大好きミゾヨコが好きそうなものばっかり♡

DSCF7534.jpg

お店の人も売り物の惣菜と一緒に白ワイン飲みながら営業。それもまた様になる(*'▽')



こちらはウズラの卵。なぜかウズラも持参

DSCF7539.jpg






たまらず白ワインとバケット、チーズを買ってマーケット内にあるベンチでほっこり

DSCF7537.jpg

これがまた超〜〜〜美味!


しかも朝っぱらからほろ酔いで幸せなひと時を過ごせました♡







そして、このバケットとハム、チーズを使って夜もサンドイッチを作ってみました。



朝買ったチーズに加えて、ミゾヨコ持参のマヨネーズ・胡椒・オリーブオイル、



ミャンマーで貰ったアボカドを挟んで



最後にローカルマーケットで買ったピンク岩塩を一振りで出来上がり

DSCF7668.jpg

場所が少なくて、汚らしい画像でごめんなさい(-_-;)




これがまた激ウマ(*´▽`*)



切って挟んだだけなんですけど、久々に日本で食べてたようなもの食べたな〜って







そして食べ物ついでに、私のお気に入りのお店のひとつ「スモールスター」


ローカルで大混雑のこの店は、いつ行っても超満員。

DSCF7522.jpg

ここではみんなトゥンバっていうローカルのお酒を飲みながら地元の料理を食べてます

DSCF7524.jpg

穀物を発酵させて作るお酒で、このグラス一杯に穀物が入って出てきてお湯を入れます。


すると濁り酒のような味で私は好きだったな。なくなればまたお湯を継ぎ足して飲むシステム。


あと、バフチリっていうバッファローを薄く切ってカリカリに焼いたものや麺類も美味しい



(場所がうろ覚えなのですが、もし情報欲しい方は出来るだけ詳細にお伝えしますよ〜)














そ・し・て!



カトマンズに来た日本人がおそらくかなりの確率で行っているであろうという「絆」



ここのカツどんと豚丼には相当お世話になりました。

DSCF7519.jpg

インドでこんなにご飯に困るの知ってたら毎日行ってたな〜きっと。


日本食以外にもネパール料理も美味しいのが多く、このほかにもモモと呼ばれる


餃子みたいなものにソースをつけて食べるものも好きでした。








最後は通りがかりの犬

DSCF7657.jpg


3匹同じようにくるまってるから思わずパシャり






ミゾヨコに励ましの1票を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランニングでミゾヨコのテンションを上げたい方はこちらをポチットお願いします^^
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村

続きを読む

ツアーキャンセル⇒どこまで返金?

2014/03/24 Mon

ラムラムサー

リアルタイムは相変わらずジャイサルメール

お城の中にあるゲストハウスに宿泊中です




エベレストに向けて早朝に空港

⇒天気が悪くキャンセル

⇒また同じ宿にチェックイン、毎回パスポート番号やら住所やら記入

⇒また荷物をばらす

⇒早朝また荷物をパッキングしてチェックアウト



っていうのを2回繰り返したあたりですでに行く気が大分失せていたミゾヨコ


そもそも、初日の出にこだわっていたのでテンションは相当さがっていました。


日本で一般的には飛行機の都合でツアーが施行されなかった場合は大体の場合返金されますが


ここは貧国ネパール


果たしてどこまで・・・・・?


とりあえず彼らの日本語HPをチェックすると、「実際にかかった分以外は出来るだけ返金します」とのこと


そこで2日目のキャンセルの後、ガイドにあと「2日飛行機飛ばなかったらキャンセルしたい」


と伝えたところ、


ガ「キャンセルはできないよ」


ミ「でもHPではコレコレって書いてあったよ」


ガ「他にもアンナプルナとかランタンとか別のコースがあるからそっちに行こう」


そりゃそうですよね・・・・。せっかく大金が入ったのにすんなりそれ返金してくれるわけないですよね・・・・。





アンナプルナの玄関口であるポカラは、あとで自分で行くし


そもそもエベレストにこだわっていたミゾヨコは他のコースに全く興味なし


だけどやっぱり向こうも必死


何度か追加でお金を払ってヘリで行こうと誘われましたがそれも却下


しまいには、高山病なったことにして旅行保険を使ってヘリを使ったら少しお金が返ってくるとかどうとか・・・・。


そんなずるしませんけど(´゚д゚`)!!!!






そして、4回のキャンセルを経て返金のお話へ・・・・・。


カトマンズで唯一のノースフェースの近くの古い建物を数階上がると事務所


やっぱり他の山にトレッキングに行こうって言われたけど、何とか返金の方向へ・・・・。


そして、4日間のタクシー往復代と帰りのフライトのキャンセル分とガイドの日当20ドル×4日。


え、ガイドって?結局山に足を踏み入れていない上に朝からフライトがキャンセルになるお昼までしかいませんでしたけど?



ん〜。まあ、そんなケチなこと言っちゃダメか・・・・・。


ってことでそれ以外はきちんと返金していただけました(*'▽')


でも、フライト待ちで会った日本人の中には半額くらいしか返金してもらえなかった人もいたみたい・・・・。


最初は強引にいろいろ勧誘されてちょっと信用できなかったけど、


最後は紳士に対応してもらえたので結果オーライってことで・・・・・。




そしてぽっかり空いてしまった年末をどう過ごそうか考えるのでした・・・・。




ミゾヨコに励ましの1票を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランニングでミゾヨコのテンションを上げたい方はこちらをポチットお願いします^^
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村

いざエベレスト街道へ!?

2014/03/20 Thu

ラムラムサー!

リアルタイムはラジャスタン州のジャイサルメール。

お城の宿が素敵すぎてグズグズ長居中です。




前回のブログで、興奮気味ながらもなんとか寝たって書いてますけど、


実は寝る前に同室の台湾の女の子から、ガイドなしでアンナプルナに行ったって教えてもらいました。


しかも、宿代も数百ルピー(1ルピー=1円)なうえに食事もそんなに高くないよって....(´Д⊂ヽ





昨日のトレッキング会社の人の話では1日2000円ってことで計算してツアー代金出してたんです( ;∀;)


ベースキャンプのほうまで上がれば確かに物価も高くなるみたいだけど、それでも2000円はしないそう・・・・。


わーやっぱりやられたー。


この時点でテンション下がったんだけど、払ったもんは帰ってこないだろうし


何より、お正月をエベレストで迎えるんでお正月料金と思ったらいいや♪


ということで気を取り直し入眠。


(後でわかったことですが、ツアーだと大体相場が1000ドルから1300ドルくらいらしいのでぼったくられた訳ではなさそうです)







12月24日 クリスマスイブ


朝からガイドに連れられタクシーに乗り込み空港をめざします。


それが、ネパールの車のぼろいことぼろいこと・・・・・。


見た目も昭和?みたいな形でありえないぐらいぼこぼこだったり、窓なかったり。


私が乗り込んだタクシーは内貼りが剥げて、ガイド側の窓とドアのレバーはかろうじてぶら下がってる感じ


DSCF7454.jpg

そして乗って数秒


ごごごごご!がががが!ぼふんぼふん!


ほんとに動くのか・・・・。

DSCF7455.jpg

なんとか動き出し、空港へ。


しかし、コーナーに差し掛かるたびミッションがうまく入らずガガガ、ゴゴゴ(゚Д゚;)


そしたら次はものすごい乗り心地。多分ショックを吸収するはずのスプリングがないに等しいほどへたってる感じw





なんとか空港へ到着

DSCF7456.jpg

DSCF7458.jpg

入り口でチケットを見せて無事中に。

DSCF7459.jpg

わー人が沢山(*´▽`*)












・・・・い過ぎじゃない(゜_゜)


そしてガイドから


「今日朝からルクラ行きがストップしてるみたい」








あ、そう(;・∀・)


まあ、天気の回復待つしかないよね〜。






そしてマーケット価格の3倍するチャイをすすりながら待つこと2時間


えっと、全く飛ぶ兆しなし(゜_゜)








まあまあ、それでもどうすることもできないしガイドと一緒にチャイ飲んで待機











ん、何やら人がザワザワ。おお!飛行機どぶ???







ポカラ行きでした・・・・。








それからさらに待つこと2時間







おお!またしてもザワザワ


「あの人たちはあきらめてヘリで言ってるんだよ」


へー、そんな選択肢もあるんだ。


で、いくら?



「US500ドル」

はい、無理!









「あきらめて帰ってる人もいるけど、まだ飛行機会社がキャンセルと行ったわけじゃないからもう少し待とう」


ん〜そうだね。どうすることもできないしね〜。









そして12時過ぎ、残念ながら今日のフライトはキャンセル( ;∀;)


チーン(´Д⊂ヽ







はあ〜。こんなことなら1日ずらして自分でインドビザの申請行けてたじゃん・・・・。


ネパールのビザは1か月しかとってなかったし、今日からエベレストに向けて出発の予定だったため


45ドルも払ってたのんじゃったよ〜(´Д⊂ヽ









まあ、そんなこと言っても仕方がないので宿に帰って新たにチェックイン手続きして部屋へ


今度は違う部屋のドミトリー









お!日本人っぽい女の人!


わーい!日本人ですか?






韓国人でした(゜_゜)


いや、韓国の人でも全然いいんですけどね、やっぱり母国語でコミュニケーションとれる方がね・・・



で、このサニーちゃん、なかなかの強者で


韓国人には珍しく女一人バックパッカー。1年の予定でインドとネパールを周るそう。


そして、よくよく聞くと10年くらい前にもインド周りを放浪したそうで、


アンナプルナとエベレストにもトレッキング経験があり。


やっぱりガイド・ポーターなしだったそうで、


「なんでガイドなんか雇ったの?ポーターで十分だよ」等々言われる始末・・・・。


だってさ、シーズンオフのエベレストに行くのに一人じゃ不安だし、何より高山病が心配だったんだよ〜。


「高山病は時間をかければ大丈夫。エベレスト街道はシーズンオフでも人が沢山いるからガイドはいらないよ〜」


は、はあ・・・・・。


もう払っちゃったんだからどうしようもないんですけどね(゚Д゚)


昨日一日のうちで揃えた荷物のことも、高い買い物したね〜あの店だともっと安い、


これはマーケットだと5分の1だetc(ちょっとどや顔)


そりゃ時間が十分にあったら私だってもっと安いとこ探してるさ〜(´゚д゚`)








なんだかクリスマスだというのにすっかり気分も沈んでしまったミゾヨコ


はあ、やっぱり無駄遣いしちゃったかぁ〜。仕方がなかったとはいえ


こうやって変にお金使いすぎたら南米とかでお金なくなって、行きたいところに行けなくなるんだろうな・・・・












(´Д⊂ヽ



こうなったら負のスパイラルですよ。


しばらく誰とも話す気になれず、一人カフェでまったり。

DSCF7450.jpg

ご飯もまずまずおいしくて、ちょっとほっこり

DSCF7449.jpg







そして翌日、気を取り直してエベレスト目指してレッツゴー!!!!

































またしてもキャンセルで延期(´Д⊂ヽ


もーやだー!高いツアー代金払ったのに、もうお正月にベースキャンプ行けれんじゃん!!!!



⇒再度めんどくさい宿のチェックイン

⇒同室者から「高額のツアーを組まされた上にニューイヤーに間に合わない残念な人」と憐れまれる






ていうのをなんと4回繰り返しましたw















あ、今軽く言いましたけど、4回です(;一_一)














と言うことですっかりトレッキングに行く気が失せました



だってシーズンオフのくっそ寒い時にわざわざ行く必要ある?



もっといいシーズンに行った方がいいしな〜。



しかも時間はいくらでもあるんだから



今じゃなくてイイデショ(-_-;)












と言うことで年末エベレストを断念し、ツアー代金返金に挑むのでした・・・・・・。





ミゾヨコに励ましの1票を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランニングでミゾヨコのテンションを上げたい方はこちらをポチットお願いします^^
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村

トランジット@デリーめっちゃ時間かかります

2014/03/14 Fri

ラムラムサー!

リアルタイムはラジャスタン州のジャイサルメール。

ジョードプルでは歩き方に載ってたDィスカバリーに泊まりました。部屋は清潔だしご飯もそこそこ美味しくていい宿だな~って思ってたんですが、最後にバス代の手数料を3倍もぼったくられました(≧∇≦)

すごく綺麗なデラックスバスと言われましたが実際にはオンボロです。正規料金は180ルピーに手数料は20ルピーなので皆さんも気をつけてくださいね。

多めに払った40ルピーで昼食一回食べれたと思うと悔しいけど、その分おやつ我慢してダイエットじゃー( ̄^ ̄)ゞ







そして話はクリスマス直前の12月22日、ネパール向けて移動開始したミゾヨコはいったんトランジットのためインドのデリーへ

 
そして、このトランジットが っっ超ノロノロ(´゚д゚`)


男女に分かれて更衣室のようなところですべてボディーチェック、そして念入りな荷物検査


この間のマレーシアの旅客機失踪のこともあるし、簡単に通せないのもわかるんだけどね・・・。


しかも、もし自分のパスポートが盗まれてテロに利用されたら本当に悲しいだろうな・・・・。






ちょっと話はそれましたが、日本人のミゾヨコは難なく通過できたけど、


飛行機を降りてから検査を抜けるまでに1時間以上。


まあ、私は乗り換えに8時間くらいの待ち時間があるのでぼんやりしてたけど、


時間のない人はイライラしてたな~





そして私はプライオリティーパスを使ってラウンジでまったり。


ご飯もワインも美味しくて、ネットしながらかなり充実した時間を過ごしました。




そして、いよいよネパールに向けて出発







ここで早くもウザいインド人に遭遇(゜_゜)


席が隣のインド人、私のPCに興味があるらしくいきなり私のPCを取り上げて


何やらマイコンピューターのプロパティーみてうんうんうなずく










うっざ(;一_一)





何がうんうんじゃー。断りもなしに人のパソコン触るなよ!


それからも私の持ち物にいちいち興味を示し、いろいろ話しかけてくるけど無理無理!


もちろんそれから以後は言うまでもなく氷のような冷たい態度をとりました。


それでも尚私の携帯覗き込んでくるは、本も覗いてくるは


まだインドに行ってもないのに洗礼を受けるという・・・・・。
                                                                                                                                                         


そして次!


離陸してすぐ何やら前方のほうからチャキチャキのインド人CAが


すぐドリンクを配ってたんだけど


「ビール!?」


(え?選択肢それだけ????)


ま、ビールで!


「何本?」


(え、な何本って聞いた!?)


「2本?!」


わ、ワン イズ ファイン!!



このCA、乗客飲ませてどうするんだろう(゜_゜)











そんな感じでまたさらにビールを飲み、あっという間にカトマンズに到着


無事にアライバルビザも取れて、ネットで予約していたホテルへ














ミゾヨコがトレッキングに行きたいという情報をホテルのフロントで言ってしまったばっかりに


翌日、朝からトレッキングの会社からまくしたてられるように説明を受ける。


「絶対一人は危ないデス、トンデモナイ」


「ガイドがいればアンシン」


ん~。そうだよね。エベレストに行くのにさすがに一人はきついわ~。


しかも、富士山でも高山病になったのに。


で、おいくら?


「ルクラまでの往復と宿、食事込み、飲み物は別料金でUS$1300」



た、たかーい!


ネパールまでくれば物価安いと思ってたのに、ちょっとこの金額無理!


でも、エベレストで初日の出見れたらいいな~。



「見えるよ!今ならぎりぎり見れる!」


えーほんとに?


でも高山病になって正月早々しんどいのもやだし


何より、その金額払えないよ。


「でも初日の出見れたらイイデショ。早くしないと!用意とかもあるし!明日出発しよう!」







はぁ~なんか押し切られた感じで契約。


カトマンズ~ルクラの間のフライトは外国人料金があって、30分しか乗らないのに片道160ドル


ちなみにローカルは60ドル以下(゜_゜)


帰りだけでも節約して下道を帰ることにして私だけ飛行機は行きのみで契約






まあ、高いけど初日の出を山で見れるし


何よりガイドがいることで高山病にも安心







気を取り直して、早速明日からのガイドにあいさつ。


持っていくものを一緒に見てもらうため自分の荷物を引っ掻き回し


DSCF7441.jpg


足りないものを早速買いに行きます

DSCF7443.jpg

色んな店で比べた結果、トレッキングポール2本700ルピー、靴下2足350ルピー

DSCF7444.jpg

フリースパンツと、トレッキング用のパンツ、水筒etcを購入。(1ルピー約1円)


店ごとに物の値段設定がかなり違うので、


物によっていちいち買う店を変えなければいけないのがめんどくさかったな~。




そしてバックパックと寝袋を貸してもらい準備万端!





準備に時間がかかって遅くなったけど、両親ともSkypeで話して今年最後のあいさつ。


新年はエベレストのベースキャンプかカラパタールからのご来光をメールするから待っててね(*'▽')


そして興奮気味のまま何とか眠りにつくのでした。




ミゾヨコに励ましの1票を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランニングでミゾヨコのテンションを上げたい方はこちらをポチットお願いします^^
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村

セレブ生活さよならバンコク

2014/03/12 Wed

ラムラムサー!

リアルタイムはラジャスタンのジョードプルです。

昨日は3.11ということで、宿の人たちと復興を願い黙とうしました。

今日は以前から調子の悪かったPCを直そうと朝から戦ってますが

どうにもならずリフレッシュしたらitunesその他が削除され、おまけに問題解決もしていないという残念な状況・・・

なのでずっと宿に引きこもります(;一_一)




ミャンマーからバンコクに帰ったミゾヨコは3日間ほとんど外に出ることなく


溜まっていた家計簿つけたり、ブログの更新したり


ジムでランニングしたり、これからの旅に向けての準備したり


友達夫婦と遅くまで旅の話したり、ガールズトークしたり、毎晩泥酔したりと


忙しい日々を送っておりました。





これでおそらくバンコクは最後のため、友達から調味料系やらコーンスープ、コーヒーやら色々


餞別としていただき、荷物を減らすつもりがむしろ増やしてしまいましたが気にしなーい(*´▽`*)





そして、新しい石鹸を購入♪

IMG_4201.jpg

ミゾヨコ、実は石鹸マニアでして、日本でも苛性ソーダとココナッツオイルやらで石鹸を自家製造してます。


以前にも中国、フィリピンetcで肌に優しそうなローカル石鹸を買って顔と体用として使用


ミャンマーではなんとなくオーガニック石鹸も高そうな気がしたので早めに購入

IMG_4203.jpg

「マダム ヘン」というブランドで、他にも数種類ある中で私が選んだのはこの消臭効果もあるこのタイプ


ちゃんと日本語も書いてあります。


高級デパートにも置いてありますが、小さな商店にも同じものが置いてあります。

IMG_4204.jpg

泡立ちもまずまずで、さわやかなハーブの香りがとってもいい感じです。








と、話がそれてしまいましたが・・・。


友達家族が、クリスマスもかねてバンコク最後の夜に高級フレンチに連れて行ってくれました(*´▽`*)

IMG_4208.jpg

カモとフォアグラのサラダ、ホタテとロブスターのサラダ

IMG_4209.jpg

メインは和牛ステーキと

IMG_4210.jpg

サーモンとタラのミルフィーユみたいなの



大きなマカロニの中にカモのフォアグラが入ったもの、ソースがまた絶品で何度もパンをおかわりしました

IMG_4212.jpg


そして〆のデザートはプディングと

IMG_4213.jpg

スイーツ盛り合わせ(*´▽`*)

IMG_4214.jpg





どれも激ウマで大満足。


ちなみにお会計は・・・・・(◎_◎;)


庶民のミゾヨコではすんごい大記念日じゃないととっても行けそうにないお店


ワインもボトルで出しちゃったし、目がが飛び出る価格でしたが


「ご、ごちそうさま〜(*'▽';) 無事日本に帰ったらお返しするからね〜アハハ」


ということで、バンコクでお世話になったぶんは今後ゆっくりお返ししようと思います。






こうして毎日たらふく食べさせてもらい、荷物と体重を増やしてネパールに向かうのでした〜。



ミゾヨコに励ましの1票を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランニングでミゾヨコのテンションを上げたい方はこちらをポチットお願いします^^
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村

マンダレーで朝ランした話

2014/03/10 Mon

ラムラムサー!

昨日のマラソンから一夜明け、今日は移動日で〜す。




そして今日はマンダレーで朝ランした話


ミャンマー滞在中はランニングコースが探せれなかったり、忙しかったりして全く走れてなかったので、


最終日のこの日に走ることにしました。


場所は、旧王宮の周り。


宿から5分ほど走ると交差点


「はろーゆーふろむ?」


ジャパニーズ


「のーチャイニーズ。うんうん。


この先でチャイニーズが一杯走ってるよ〜」


そうなんだ。OK!ばいばーい。

IMG_4152.jpg



さらに進むと王宮。


周りが池で囲まれてます。

IMG_4150.jpg



いたいた、歩いてる人が多いけど中には走ってる人もいる。

IMG_4154.jpg


中にはビーチサンダルをパタパタさせながら歩く人や、この服で走るの?なんて人も


そしていつもの中国人団体体操の皆様


これだけはどこでも見かける光景


IMG_4155.jpg


途中、健康器具みたいなのを発見!



中国系の方たちがせっせとエクササイズに励んでおります。



IMG_4159.jpg


そして折り返し、うっすら満月がいい感じ(*'▽')

IMG_4161.jpg

ひと汗かいた後はシャワーを浴びて、朝食。


そしてアイスクリームで有名なお店へ

IMG_4163.jpg


ンま〜い。


でも、寒いのでホットコーヒーを注文したところでしんしんから突っ込みが・・・・


寒いもの食ってあったかい物注文するってどゆこと(゚Д゚;)



いやいや、女は体冷やしちゃだめなのよん(*´з`) 



それでもアイスクリームは食べたいっていう生き物なんですw




そしてチェックアウト


私としんしんは同じ飛行機なので一緒に空港へ


じゅんちゃんと宿の人ともお別れ。

IMG_4165.jpg






改装工事中のマンダレー空港はほとんどの店が閉まっていたけど


ご飯や両替などは問題なくできました


そして、バンコクへ

DSCF7428.jpg






バンコクでは、一番にカメラ(富士フィルム XE-1)の露出ダイアルが利かなくなっていたので、


しんしんに荷物をお願いしてメトロ沿いの富士フィルムに。


なんでも、中のネジが緩んでたそう・・・・。タダで直してもらいました♪





そしてしんしんと合流。こういう時一人じゃないっていいですよね〜♪


ちょっとの用事なら荷物持っていちいち移動しなくていい(*‘∀‘)





そしてしんしんの提案で、ちょっと贅沢ビュッフェへ

IMG_4166.jpg

350バーツ(約1100円)とミャンマーの食費何食分食べれるかって出費、


貧乏パッカーには贅沢ですがかなりクオリティーの高い夕食。

IMG_4168.jpg

しんしんは、はじめすごい勢いでしたがすぐにお腹いっぱいになったようで


私だけしつこく何度もおかわりへ。しっかり元とってごちそうさまw


そしてしんしんともお別れ。


see you again some whrer in the world!







そしてまた駐在マダムのお世話になるのでした。

DSCF7436.jpg






ミゾヨコに励ましの1票を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランニングでミゾヨコのテンションを上げたい方はこちらをポチットお願いします^^
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村

腹下してますがAbu international trail half marathon 参加しました @ラジャスターン州インド

2014/03/09 Sun

ラムラムサー!

今日はリアルタイムのお話


今朝 「Abu International trail half marathon」  に参加してきました〜。



こちらの大会はなんと参加費が無料です。旅中のミゾヨコにとってはかなりありがたい



朝6時前にゲストハウスを出発し、20分ほど歩いて現地に到着


ゼッケンをもらいに

DSCN2033.jpg





そしてしばし、スタート地点でストレッチ


すると、見覚えのある人がいました。


インドで初めてのマラソン大会だったドラビラ(塩砂漠)で一緒だった人で、


帰りのバスも一緒、そして帰りに彼の家に御呼ばれして3人でチャイをごちそうしていただきました。


彼の家からこの会場は車で4時間ほどとのことで、このマラソン大会も参加


人口が多いインドといえど、さすがにランニング人口は少ないようでまた再会できました。




そしてオーガナイザーからのあいさつ。


会場はスポンサーでもあるブラーマクマリスの前。


こちらはスピチチュアルマインドとポジティブシンキング、メディテーションのスクールだそうなんですが


着ているものがみんな白、ここからの参加者も多く会場に白い服の人が一杯


ちょっと、宗教団体のようにも見えます


DSCN2041.jpg



そしてスタート!


白装束のかたもそのまま走ります

DSCN2050.jpg

コースは山の上だけに常にアップダウンがあり、


途中は舗装されていない道

DSCN2052.jpg


最低1キロ毎に給水ポイント。地元の人やアーミーの人が配ってくれます。

DSCN2054.jpg



そして、実は1週間ほど前にお腹を壊してまだ完全復帰でないミゾヨコはまさかの便意・・・・・


もちろんトイレなんて気が利いたものもなく、レース中に茂みに駆け込みようを足します(*´▽`*)


こんなこともあろうかと、トイレットペーパー持っててよかったw





すっきりしたところで体もだいぶ温まりランナーズハイに



「走るって素晴らしーーー!!!!」


DSCN2057.jpg



「ゴリっ!!!」(゚д゚)!




左足首に激痛



そう、朝日がまぶしくて足元がよく見えず凹凸に気づかず捻挫してしまいました・・・・・。



「大丈夫かいシスター?」



次々にランナーが気にかけてくれたんですが、とりあえず今必要なのは安静と冷却



まあ、氷なんて高級品だしこんな山奥にあるわけないのでとりあえず数分様子み



すると痛みも引いてきて何とか走れるようになったのでレース再会





500メートルほど走ると運よくエイドステーションがあり



鎮痛剤の塗り薬と飲み薬をもらいました。

DSCN2059.jpg

同職種のミゾヨコとしては少しゆっくり話してみたかったんですがレース中にて再出発



ダンニャバード!

DSCN2060.jpg


そしてしばらく緩やかなアップダウンの道を行くと今度はバッファローの放牧に遭遇

DSCN2062.jpg

大量のバッファローの間を縫うように走ります。





そしたら今度は子どもたち



「(’&%$#$%&’ちーの!」


はい、ナマステ-!アイムフロムジャパンねー!

DSCN2063.jpg


そしてスプレー隊。スーッとするあのスプレーしてもらいました。

DSCN2065.jpg

ダンニャバード!


別れ際「”#$%&’たい」


はい、ネイ(NO)タイね。ジャパンね〜バイバーイ。








そしてゴール!

DSCN2067.jpg

ナイキ+での実測は19キロ弱、2時間18分でした。


お腹は下すし、捻挫はするしですっかり心が折れていたミゾヨコですが、何とか完走することが出来ました。








しばしストレッチしながらボーっとしていると、私のTシャツみてインド人が話しかけてきました。


「おーカッチのマラソン出たんだねー。タイからきたの?」


ネイネイ、ジャパニーズ!


っていうかなんでみんなタイ人っていうんよ(゚д゚)



そりゃ確かに日焼けしたけどさ、


タイ人に限定するのやめてもらっていいですか(*´ω`*)






ミゾヨコに励ましの1票を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランニングでミゾヨコのテンションを上げたい方はこちらをポチットお願いします^^
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村

托鉢@マンダレー

2014/03/08 Sat

ラムラムサー!(ラジャスタン州の言葉でこんにちは)


旅に出てからちょうど半年が過ぎました。


特に何かが変わったって事もないんですが、しいて言えば肌がさらに焼けたことと


野外トイレに抵抗がなくなったことぐらいかなw


引き続き、安全を心がけて旅を続けていこうと思います。




リアルタイムはラジャスタン州のマウントアブーというところ。


標高1200メートルの山の上なので涼しくて快適なんですが水シャワーは冷たすぎて修行ですw


ここで明日ハーフのトレイルマラソンに出場しまーす。







ミャンマーでの最後の都市、マンダレーのお話です。



いつものように夜行バスで到着し、バスが一緒だった日本人しんしん(世界一周中、ブログは⇒Chpa Trip)とじゅんこちゃんと宿に到着。



少し仮眠をとって早速散策に行きました。



ご飯食べて一息ついたところで托鉢に遭遇!

DSCF7304.jpg

托鉢とは信者の家々を巡り、生活に必要な最低限の食糧などを乞い、信者に功徳を積ませる修行のこと。


托鉢僧を見るのはラオスが有名だそうですが、ラオスに行けてなかったのでここで見れて感動。


並びが背の順って所も何かいい!!


DSCF7315.jpg

ご飯がなくなる後の方の人は現金もらったりしてました。








そして、町散策に自転車をレンタルしてまわることに。


私の自転車のサドルが固定されず、みんなで四苦八苦

DSCF7324.jpg






冷やかしに来た人。



巻きスカート「ロンジー」がこんなにコンパクトに!


これで運動するそうです。

DSCF7325.jpg


自転車のほうは結局直らず、自転車を交換して観光へGO



しんしんがリサーチしていた豚まん屋

DSCF7328.jpg

美味でした。






そして城の周りを通って

DSCF7338.jpg

しんしんの提案で大学に遊びに行くことに






いわく、食堂は安いしローカルと話ができるから近くにあると行くそう


残念ながらほとんど人を見かけません。


昼を過ぎてたから食堂もがらーん

DSCF7343.jpg

食堂のおばちゃんでしょうか、奥でゴロゴロしてます

DSCF7344.jpg




なんだ〜、残念。



仕方なく食堂を出たところで教室からでてくるお坊さんの姿が!

DSCF7345.jpg

その中の一人に話しかけられてしばし世間話



何でも、今日は休校日のため人がいないらしい(・∀・)


しかも、お坊さんかと思ったら学生の人でした。









そして観光再開

DSCF7358.jpg





夕日を見にマンダレーヒルへ

DSCF7368.jpg

DSCF7373.jpg

かなりの階段

DSCF7383.jpg

頂上に到着


お坊さんも夕日待ち

DSCF7386.jpg

DSCF7402.jpg

DSCF7409.jpg



わーきれい!


後を振り返ると、全く夕日に興味がない様子のしんしん(・∀・)

ちょっと温度差を感じましたが、よくよく聞くとバガンの夕日のほうがよかったから

あんまり感動がなかったそう。



そして、宿の近くに帰り夕食をとりに

DSCF7288.jpg


こちらもしんしんリサーチのお店

DSCF7414.jpg

脂っこいものばかりでなくてどれも美味しかった〜。


そしてお腹いっぱいで一人あたら170円!やすー!

DSCF7416.jpg

そして2次会も近くのレストラン?みたいなところでビール飲んだり。









今回の旅で初めて、旅先で知り合った人と一緒に


観光や寝食をともにする事が出来ました。


沢山旅の話して、すっかりリフレッシュ。



明日は頑張りま〜す(*´▽`*)











ミゾヨコに励ましの1票を!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランニングでミゾヨコのテンションを上げたい方はこちらをポチットお願いします^^
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村

プロフィール

mizoyoko

Author:mizoyoko
名前:ミゾヨコ
年齢:30代半ば
職業:元看護師
   スポーツスターに乗ってます。

2013年秋から世界一周します。
世界遺産をめぐりながら各地のマラソン大会に参加!
世界のベストランニングスポットの紹介します。

最新記事
最新コメント
〜世界一周〜
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。